アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
原点
手を開き、ゼロに戻る。
c0001023_20573578.jpg

一度に、ひとつのものしか手で握ることができないのは子ども。
大人は、たくさんのものを同時に手にすることができるんです。

あるひとにそう言われ、ハッとした。
わたしは、
「いつでも手に取れるものはひとつ」という考えしかなかった。
もし、新しく欲しいものが見つかったら、
いま、手のなかにあるものは手放すしかなかった。

ここ2日ほど、そんなことをグルグルと考えていたら、
手放すとか、手にするとか、ひとつとか、同時にとか、
みんな、どうでもよくなってしまった。
もうすぐインド。
カラカラに乾いた大地で、流れ落ちる汗とともに
手のひらのなかのものを、いったん思い切り良く手放したい。
そしてまた、すべてをゼロから始めるのだ。
by asian_hiro | 2012-04-02 21:17 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by とも at 2012-04-02 23:37 x
スロウなアジアを読みました。この世界に生まれて生きるってことってどういうことか、どんなにすばらしいことか思い出させてくれました。この本のおかげで心が軽くなれました。ありがとう。
医師になって一年。人の最期の時、なくなりゆく人たち、病気で苦しむ人たちをみてきて、生きるってつらいな、自分は何が楽しくて生きているだろうと思うようになりました。
「スロウなアジア」で本当の幸せな時間、生きるってこういうことなんだろうってこと教わった気がします。仕事辛いけど(今日もつまんないことで怒られたけど)、昨日この本読んで心に栄養もらったので普通に受け流すことできました。
「スロウなアジア」私の心のバイブルにしようと思います。
また私もアジアに旅行に行きたくなってきました
Commented by asian_hiro at 2012-04-03 18:10
>ともさん
コメント、ありがとうございます。
本のことも、どうもありがとうございます。
あの本はもう9年前に書いたもので、今、振り返ると
恥ずかしいものも混ざっていますが、
いまでもともさんのように、大事に読んでくださる方が
いらっしゃるということ、本当にしあわせだと思います。
わたし自身、ちょっとフラフラとしていたこの時期、
うれしいコメントをありがとうございました。
<< 音楽 過去 >>