アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
浸食
やっぱり、同じことを考えている。
c0001023_14475848.jpg

孤独とは、周りに誰もいないことをいうのではなく、
大勢のなかにたったひとりでいることを指すのだと思う。

わたしは何度、この言葉を繰り返すのかな。

でも、今、ほんとうに思うのだ。
自分の孤独は、まず自分自身で受け止めなければ
その孤独は、じわじわと周囲の人を浸食する。
本人が望むと望まないとに関わらず、
かなしいかな、本人も気づかないところで。

ふっと、寒さに目を覚まして
そんなことを思った木曜日の明け方。
by asian_hiro | 2012-02-02 14:52 | 日々のこと | Comments(8)
Commented by yawaragi at 2012-02-05 21:29 x
なんだか、悲しいのではないのですが、泣きそうです。
Commented by 雪の日生まれ at 2012-02-05 22:17 x
誰にでもふと孤独に打ちのめされるときがありますね。誰かと話したくて必死で電話しているときにこの文章に出会い、今日は1人でいようかと思いました。
Commented by asian_hiro at 2012-02-06 00:24
>yawaragiさん
わたしがこのブログを書いたのは、
わたしの孤独が誰かに伝わったというよりも、
むしろ、あるひとの孤独が
しんしんとわたしに伝わってきたからでした。
これまでは、自分の孤独を受け止めるのに精一杯だったけれど
実は無意識のうちに、
他人の孤独に同調してしまっているときがあるのではないかと、
そんなことを思いました。
Commented by asian_hiro at 2012-02-06 00:25
>雪の日生まれさん
誰かと話したくて必死で電話している。
わたしも今日、家に帰ってくるとき
誰かに電話したいという、そんな気持ちでした。
でも、家でのんびりお風呂に入ったら
なにかがお湯に溶ける気がしました。
Commented by yawaragi at 2012-02-06 22:08 x
なるほど、、、。

でも、やっぱり泣きそうです(笑)

私も、いまからお湯に溶かしてきます。

hiroさんがその方の孤独をすこしだけでも自分に取り込んで、そっとお湯の中に溶かしこんだのですね。

孤独はつらいことばかりじゃないけれど、かなしみを少し含んでいるような気がします。その悲しみの部分だけをそっと受け止められたのかなって、感じました。なんて、分かったようなことを長々と、、、ごめんなさい。

あぁ、優しくなりたい。
本当にそう感じました。

Commented by asian_hiro at 2012-02-07 21:58
>yawaragiさん
やさしくなりたいって、わたしも強く思っていた時期が
ありました。
でも今は、わたしがやさしくなったとか、
変わったとかいうことではなく、
いつでもありのままでいいんだなって思うのです。
あんなふうになりたいと考えるのは
裏を返せば、今のままではだめだと考えることで
自分を否定してしまうことになるから。
インドでお世話になったアーユルヴェーダの先生は、
「自分にgentleになれない人が、
ひとにgentleになれるはずがない」と言いました。
まずは、自分を受け入れることから始まるんだろうなって
今は、つくづくそう思っています。

なんて、わかったようなことでゴメンなさい。
Commented by yawaragi at 2012-02-09 21:25 x
自分にgentleになれない人が、
ひとにgentleになれるはずがない


ブログ上で、こちらの一文を拝見したときに、
あぁ、ほんとうにそうだなぁ~と感じました。

hiroさんからのお返事、とても心に染みました。
ありがとうございます。

でも、なんだか上手に言葉が出てこないのです・・・。
FACE BOOKのように「いいね!」ボタンがあったらいいのに(笑)。

「gentle」いいですね。うん。いいですねぇ。
Commented by asian_hiro at 2012-02-10 00:18
>yawaragiさん
ああ、よかったです。
そういうコメントをいただけて。
gentleは、わたしにとって大切なキーワードです。
つい、忘れてしまいがちなので。特に、自分に対して。
<< ameen's ove... ひなた焼菓子店のスコーン >>