アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
東京景色
その足を、踏み出す先には。
c0001023_19403552.jpg

渋谷のマークシティからJRの改札口へ向かうときは、
いつもここで写真を撮りたくなる。
いつ、撮っても代わり映えのない写真だ。
だけど、ここではケータイのカメラを向けずにはいられない。

昨日、突然熱を出した。
最近、インドから帰ってくるたび体調を崩していたのに
今回はなぜか出発直前に39度の熱が出た。
今日、会う予定だった友だちにメールしたら
「厄落としだよ」って、返事が来た。

旅の準備と部屋の整理を同時進行で行っていた途中なので
部屋はめちゃくちゃ、強盗さえ逃げ出すような有様のなか、
無理矢理、布団を敷いて一日中横になった。
ふと、目の前に転がっていた昔の手帳に目が止まったので、
腕を伸ばし、パラパラとめくってみたら、
当時、好きだった音楽の名前が走り書きでメモされていた。
たぶん、わたしはどこかでその曲名を見知ったのだ。
そして、急いでそれをメモしたのだ。

今ではもう、その音楽を聴くことはないのだけど
とても懐かしくなって、
布団を抜け出し、iTunesでダウンロードして聴いてみた。
当時の、こころをギュギュッとつかみとるような感じはしないけれど、
なんだか、あの頃の思い出が次々とよみがえってきて
思わず息苦しくなってしまった。
再び布団を抜け出してiTunesを閉じ、眠った。
目が覚めたら、すでに窓の外は暗かった。

世の中は、いろいろな記憶の積み重ねでできている。
単純に量だけ比較したら、現在より過去のほうがずっしり重く、
わたしたちは
ずぶずぶと記憶の泥沼に足を踏み入れながら生きている。
ときにその泥沼はほんのりと生暖かく、
わたしたちの足をその場にとどめようとするのだけれど、
よっこいしょと片足ずつ引き抜いて、
わたしたちは前へ進まなければいけないようだ。
だいじょうぶ、
わたしたちの足下にあるのは記憶という過去だけではない。
足を進めるその先には
いつでもまっさらな未来の光が敷き詰められている。
by asian_hiro | 2011-08-29 20:05 | 日々のこと
<< ショートケーキ 永劫回帰 >>