アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
タラレバ
なにも、変わらない。
c0001023_22302985.jpg

ベランダに出て、部屋から漏れてくる音楽を聴きながら青い東京タワーを眺めていると、メールの着信音が聴こえてきた。
部屋に入ってパソコンを見てみると、1通、メールが届いていた。
返事を書いて、ふたたびベランダに出てみたら、青い東京タワーはいつものとおり、赤と白のライトアップに変わっていた。

「もし、〜だったら」とか「あのとき、〜していれば」など、「タラレバは、人生に通用しない」と知ったのは、高校生のころ、よく聞いていたプロ野球のラジオ中継だった。
たしか、解説は豊田さんで、「まあ、『タラレバ』を言っても始まらないんですけどね」と言っていて、ああ、そうか、人生には「タラレバ」というものがあるのかと初めて知った。

わたし自身、「タラレバ」を考えることはあまりないと思っていたのだけれど、改めて考えてみたら、やっぱり2つだけ「タラレバ」があった。
ひとつは、今後、なんとかなる可能性を秘めていて、もうひとつは、もうどうしようもないことだ。
だからといって、「タラレバ」の呪縛に苦しんでいるということもなく、時折、ふと思い出す程度で済んでいる。
夜、ベランダで東京タワーを眺めているときとか、寝る前に、ふとんに入って眼を閉じた瞬間とか。

「あのとき〜だったら」と突き詰めて考えて、こんな選択肢もあった、あんな選択肢もあったといろいろな人生のパターンを想像し、「ほらね、やっぱり今の人生のほうでよかったのよ」と思えるまでには、まだ時間がかかりそうだ。
ひとつの「タラレバ」はなんとかなるかもしれないけれど、もうひとつの「タラレバ」は、たぶん死ぬまで叶いそうもない。
だけど、だからといって今の人生に丸ごとダメだしするわけではなくて、あれはあれ、これはこれ、結局、どちらにも良い面と悪い面があるのよって、今はそこまで考えられるので、よしとする。

いくつもの分かれ道があった。そこで、わたしはひとつを選んでいくつかを手放した。その積み重ねで今があるのだから、「タラレバ」なんて当たり前の話なのだ。ただ、それだけのこと。

青い東京タワーは、まるで宇宙への信号みたいに異次元な光を放っていた。
それが、いつもの赤と白のライトアップに戻ったとき、あの、冷めたブルーは夢だったのかと思ったけれど、どちらの灯りも現実で、たぶん、わたしはどちらが好きだと聞かれても、どちらも好きだと答えるだろう。

写真は、ジャイサルメールの裏道。
この町を離れる日の前日、最後に撮った写真。
また、あの町へ帰りたいけれど、帰るのが怖い気もする。
by asian_hiro | 2011-07-23 22:51 | 日々のこと
<< 週末 インドの朝食 >>