アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
母の日
この世で一番強いものは、この世の半分を占めている。
c0001023_2027471.jpg

「子どものころ、僕はマイク・タイソンでした」
夜遅くの駅のホームで、ある男の声がした。
「その次は辰吉で、それから鬼塚になりました」
三十歳前後の彼が、大声で話している。
隣りにいる初老の男性は、そうか、そうかと首を振る。
「女性はこの世で一番強いから
『女』という漢字に『一』の字が入るんです」
さあ、電車が来たよ。乗り込もう。
初老の男性に導かれながら、彼は電車に乗って行ってしまった。
この世で一番強いはずのわたしはひとり、彼の姿を見送った。

これは、5年前にこのブログで書いたもの。
母の日の今日、なぜかふとこの話を思い出した。

昨年の母の日は、母に上海旅行をプレゼント。
今年はどうやら、妹が母と韓国へ行くらしい。
お土産に何をリクエストしようか、放蕩者の姉は今から真剣に検討中。
by asian_hiro | 2011-05-08 20:47 | 日々のこと | Comments(4)
Commented by mamakarin at 2011-05-09 13:22
そうか、女性は一番強いんだ!
いい話ですね、なんだか少し強くなった気持ちがします。^^

お母様は良き娘さん(二人も!)を持って幸せですね。
私は前日までウンウン悩み、たまにはプレゼントしなくちゃと...
当日ギリギリで届いてほっとしました。
Commented by asian_hiro at 2011-05-09 22:17
>mamakarinさん
もう、だいぶ前のできごとなのに、
なんだか、とても印象深いシーンなんです。
夜の、シンとした静かなホームでその人の声が響いていて、
初老の男性(たぶんお父さん)が穏やかな笑顔で頷いていて。
「女性」ということについて考えていたら
ふと、そのシーンを思い出しました。

それほど悩んで選ばれたプレゼント、
きっと、お母様も喜ばれたでしょうね!
Commented by aamui at 2011-05-12 07:57
良い写真ですね(^_^)
Commented by asian_hiro at 2011-05-12 21:18
>aamuiさん
ありがとうございます。
これは、インドのダラムサラという町で撮りました。
この後、日が暮れるなか、みんなでろうそくを手に持って
チベット寺まで歩きました。
<< 断捨離 テラスにて >>