アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
直島のカフェで
青い海を渡り、青い空を見ながら歩いた。
c0001023_21501693.jpg

たぶん、heavenly blueと呼ぶには、この青は濃過ぎるのだろう。
だけど、これはまさに天国のような青。
その店先には青空と同じ色の暖簾が一枚、かかっていた。
c0001023_21502614.jpg

店のなかに入ると、シュガーポットも同じ青。
砂糖が入っているとわかっていても、つい蓋を取りたくなる。
つくづく、今日は青い色に縁のある一日だ。
c0001023_2151075.jpg

席を決め、紫芋のチーズケーキとコーヒーを頼んだ。
わたしの目の前に置かれたのは、淡い黄色のカップとソーサー。
コーヒーは、ベリーを思わせる爽やかな酸味が感じられ、
これから町歩きを楽しもうとするときには、もってこいの一杯だった。

直島/カフェサロン 中奥



直島の町を歩いているとき、
どこからか3拍子の音楽が聴こえて来た。
そのとき、記憶の蓋がなにかの弾みで開いたのだろう、
不意に、ある3拍子の曲にまつわる話を思い出した。

その音楽は、ミャンマーのヤンゴンを旅していたときに知った曲で、
一軒の雑貨屋の前を通りがかると、ふと、耳に入ってきた。
とても単純なリズムでできている、少しレトロな曲調の音楽で、
女性歌手の鼻にかかった歌声とあわさってなんだか癖になる曲だった。
それを聴いてイメージするのは、木が生い茂る深い森のなかで
女の子がひとり、気ままに散歩している様子。
しばらく店のラジオから流れてくるその音楽を聴いた後、
わたしはなかに入って
店番をしていたおじさんに曲の名前と歌手名を尋ね、
ミャンマー語で書いてもらった。
そしてそのメモを示しながら、路上で海賊版のテープを買い、
駅前の泥棒市場でカセットプレイヤーを購入して、
ミャンマーに滞在した1ヶ月間、毎日その音楽を聴いたのだ。

それから数年が経ち、わたしは一年間ニューヨークで暮らした。
そのとき、よく活用していたのがPandoraというサイトで、
それは、自分の好きなアーティスト名や曲名を入力すると、
自動的にその人や曲に似たテイストの音楽を
次々とフルコーラス流してくれる便利なラジオだった。
わたしはたくさんのチャンネルをPandoraに登録し、
いつもそのときの気分で部屋に流す音楽を決めていた。
あるとき、いつものとおりPandoraを聴きながら本を読んでいると、
不意に、聴き覚えのある音楽が流れて来た。
「あれ、この音楽はなんだったっけ」と、過去の記憶をたぐり寄せ、
1曲聴き終える頃、ようやく思い当たった。
それは、昔、ミャンマーで購入したテープの曲と同じだったのだ。
そのときまで、わたしはその音楽がコピーだと知らず、
ミャンマーの歌手のオリジナルだと思っていた。
早速、わたしはその原曲をiTunesでダウンロードし、
日本に置いて来てしまった、ミャンマーの海賊版テープの代わりに
頻繁に聴くようになった。

しかし、今、わたしはその音楽を聴くことはできない。
当時、ニューヨークで使っていたパソコンが壊れ、
音楽データがすべて消えてしまったのだ。
今も昔もわたしは歌手名や曲名をほとんど覚えることがないので
その曲がなんていうタイトルだったのか
なんていう歌手が歌っていたのか
まったく思い出すことができない。
音楽自体は覚えている。
メロディラインを簡単な楽譜に書き起こすこともできる。
しかし、曲名や歌手名を知らなければ
わたしは自力でその曲に行き着くことができない。
わたしはまたしてもその音楽と巡り会うタイミングを
待つことしかできないのだ。
ただ、その歌を忘れないよう口ずさみながら、
待つことしかできないのだ。
by asian_hiro | 2011-02-02 23:01 |
<< 戻る 命名 >>