アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
命名
それはもしかしたら、憎しみ、あるいは恨みと呼ぶもの。
しかし、もし私が
常に燻り続ける命名困難な感情の存在に気づかなければ、
あるいは、気づいていたとしてもその存在を認めなければ、
私は、いつまでもその重い鉛のような塊を
腕の痺れに耐えてなお、抱え続けなければならなかっただろう。
c0001023_20333476.jpg

昔、ほんとうに好きだったひとが
よく、ギターを弾きながら歌っていたうたを久しぶりに聴いた。
もちろんそれは別のひとで、
ギターを弾きながらではなく、カラオケに合わせて歌っていたのだけど
そういえば、彼と最後に会ってからどれくらいの月日が経つのだろうと
うたを聴きながら、指を折って数えてみた。
そういう記憶は、意外にはっきりしているもので、
私はその彼といつどこで、どういうふうに会ったのか
とても明確に思い出せる。



「これが憎しみというものですよ」
「これが恨みというものですよ」
そんなことは、誰が教えてくれるものでもなく、
「ひとは、これを愛と呼ぶのですよ」
そんなことも、手探りのなか自分で見つけていくしかない。
だけどどのような性質の感情であっても、
私がその存在に気づかなければ解決の糸口さえつかめないのだし、
その感情がどんなに微妙なものであれ、確かにあるのを認めてこそ、
消えるべきものは消え、育まれるべきものは育まれ、
すべてが収まりのいい定位置へ、すとんと落ち着いていくのだと思う。

写真は、インドのリシケシで買ったノート。
それに、ダラムサラの露天で買った革ひもと鈴をつけ、
ぐるりとノートに巻き付けて、閉じられるようにしている。
見知らぬ町でノートに想いを書き綴るのは、
日陰に隠れた感情にひとつひとつ名札をつけ、
明るい日なたへ誘い出す作業のようだ。
by asian_hiro | 2011-02-01 22:36 | 日々のこと
<< 直島のカフェで チャイ >>