アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
夜明け前
それは、とてもしあわせなフライト。
c0001023_212230.jpg

なんか、
なんていうか、
そうだな、たとえていうなら

目の前で少しずつ膨らんでいた風船がパーンと割れるみたいに、
ドミノがパタパタとスローモーションで倒れていくみたいに、
竜巻がむこうからやって来るのを
城のてっぺんに立って眺めているみたいに、
バッグの肩ひもがミシミシと音を立てながらちぎれるみたいに、
(本当は、そのミシミシという気配を感じていたはずなのに
まるで、突然ちぎれたかのように驚いたりして)
あともう少しと思っていたら
気づくとパンが黒こげになっていたみたいに、
急カーブを曲がりきれず
ガードレールを突き破って谷底へ真っ逆さまみたいに、
船の底に穴があき、そこから水がどんどん入ってきて
沈んじゃうよと思うまもなく、少しずつ船が傾くみたいに、

ああ、ちがうな、
こんなに哀しい発想ばかりじゃなくて
もっとこう、ドーンと明るいものもあるはずだ。
さて、どんな感じだろう、
いまは頭が働かなくて、うまく言うことができないのだけど
ある瞬間、沢山のことがいっぺんでわかってしまうときがあるとしたら
たぶん、今夜みたいなことを言うのだろう。

ものごとに、良し悪しはなく、
結局は、それをどの角度から見るかという違いだけ。
そうとはわかっていても、
ただいまは、インドが目の前で待っていてくれてよかったなと
本当に思う。

インドは、二本の長い腕を持っていて
いつも、それを前屈みの姿勢で広げている。
わたしは、その腕のあいだへすっと飛び込んでいくだけでいいのだ。
ああ、なんてしあわせなフライト!


さて、あとココアを1杯飲んだら
寝ましょうか。
あしたも、いい一日になるように。
by asian_hiro | 2010-11-18 02:15 | 日々のこと
<< 一日 廃墟 >>