アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
東京タワー
心あたたまる、灯りを前に。
c0001023_19533031.jpg

今年のクリスマスはインドで過ごす。というより、12月になったらすぐにインドへ飛んでしまうため、わたしが日本で過ごす2010年は、あと28日しかない。

果たして、この一年がわたしにとって良いものだったかというと答えに窮してしまうのだけど、かといって悪い年だったかというと、そうでもないような気がする。結局、そこそこ良い年だったのだろう。

思えばいろいろなことがあった。南インドのコーチンで花火とともに新年を迎え、6月には上海へ行った。7月には再びインドへ行き、気温50度という灼熱地獄で真っ黒になった。その合間には本や雑誌の仕事をこつこつとこなし、毎日よくパンも食べ、コーヒーも飲んだ。素敵な音楽もいっぱい聴いた。

いいことも、哀しいことも、ドキドキするようなことも、切なくなるようなことも、なんだかたくさんあったような気がする。だけど、いまはそれらの感情をいたずらに引きずっているわけではなく、ときがすべてを上書きしている。

人間って、つくづくすごいなと思う。これだけ長い間生きてきて、なにをいまさらという感じだけれど、全身に散らばる約60兆個の細胞のうち、たったひとつがきちんと呼吸をしているなら、わたしたちはいつだって再生することができるのだ。

たとえば、ノイズのなかに一筋の旋律が聴こえるなら(たとえ当人だけにしか整った形に聴こえないとしても)、それはすでにノイズではなく音楽になる。そして、いったん旋律が聴こえたなら、それは永遠に音楽としてあたまのなかで鳴り続けるのだ。

100%の哀しみというものも存在しなければ、100%のしあわせというものもない。いつも、モザイクみたいにいろいろな感情がこころのなかで渦巻いている。そして、しあわせと哀しみの比重は決して等しいものではなく、たったひとつのしあわせが100の哀しみを打ち消すということもある。

なんだかわたしは今、来年、とてもいいことが起こるような気がしている。そう思う理由なんてあったってなくたって、わたしはいいことが起こるような気がしている、それだけだ。足は、視線の先へ進むもの。だから、わたしはまっすぐ前を見て歩くことだけを考えればいい。

今夜の東京タワーはクリスマスカラー。赤と緑のしましまカラーは、見ているひとの心にほっと灯りをともしてくれる。これをどこかで見ているあなたにも、そして、遠く離れて見られないあなたにも、ぬくもりの冬が訪れますように。
by asian_hiro | 2010-11-03 20:43 | 日々のこと | Comments(6)
Commented by はるる at 2010-11-04 00:22 x
今夜の東京タワー、私も休日出勤のあと、ビルの合間から眺めました。
得した気分でしたね。共に休出した15歳ほど年下の男の子と一緒に呑み同僚への横恋慕の相談を受け、「悩み、苦しみ、恋せよ」と叱咤激励した夜でした。2010年の日本の生活をしっかり楽しんでくださいね。
Commented by asian_hiro at 2010-11-04 00:25
>はるるさん
悩み、苦しみ、恋せよ。
いいですね。
最後の「恋せよ」があることで、雰囲気ががらりと変わります。
休日出勤、お疲れさまでした!
わたしも今日はのんびりペースで、
原稿を1.5本書いた一日でした。
Commented by ぽっきー at 2010-11-04 16:27 x
hiroさん こんにちは。
レーシックその後はおかげんいかがですか?
きょとんとした子犬の眼のように真っ直ぐで澄んでいて、
でも引き込まれるような奥深い眼でもあり、
hiroさんのチャームポイントですものね~

↑の「ははるさん」のお話 素敵ですね。
そしてそんな風に叱咤してくださる先輩がいるなんてうらやましい・・

あぁ、又パン屋さんのテーブル囲んで皆さんとゆっくりお話ししたいですね。
パン食べながらゆっくりのんびり
たわいの無い話、深い話、下世話な話(笑)
来年はパン屋さんで「hiroさんとパン囲む会」やりましょうね。

この前、お仕事で近くに来られていたの、知ったのが遅かったんですが・・
短時間でもお見送りにでも行ければよかったな、会いたかったのに残念でした。
まあ、また来年でも!
Commented by asian_hiro at 2010-11-04 23:24
>ぽっきーさん
レーシックのその後ですが、無事、視力が1.5くらいまで
上がりました。
まだ、乾燥がきつかったりすると、
くっきり見えなかったりするのですが、
裸眼って、ホントにいいですね。
ご心配、ありがとうございます!
チャームポイント。。。(笑)
考えたことはありませんでしたが
そう言っていただけて、とてもうれしいです。

1月末に、ぽっきーさんのお家の近くまでお邪魔する予定です。
そのとき、ぜひお会いできればいいですね!
Commented by mamakarin at 2010-11-05 22:28
読んでてドキドキしました。
来年何かよいことが起りそうな気分。起るといいですね!
私は多分人様から見るとのんびり平和な日々を送ってますが
心の中はいつもしあわせと悲しみの入り混じるモザイク状です。
幸せな時には不安になるし、悲しい時にはおかしくなったりします。
うまく言えないのですが、あぁそうなんだ、そうなのよ! と
自分のことのように読みました。
文章と行動で示すことのできるhiroさん、やっぱりすごいなぁ!

レーシック手術には驚きましたが
世界が変わりそうですね。
私は使い捨てのソフトですが、なかなか使い捨てできません...。

Commented by asian_hiro at 2010-11-06 14:47
>mamakarinさん
そうは言いつつ、やっぱり不安に押し潰されてしまいそうな
こともあるけれど、
来年は良いことがあると信じたことも、また事実なので
良い予感だけを信じて(笑)がんばろうと思います。

使い捨てのソフトを使い捨てできないとは、
もしかして、繰り返し使っているということでしょうか?
わたしも以前、旅行の間だけ2週間装着できるコンタクトを
使っていましたが、つい1ヵ月くらい使ってしまいました…。
でも、あまり眼には良くないんですよね。
<< FISHS EDDYのフォーク 新宿 >>