アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
レーシック
新しい、世界の見え方。
c0001023_2143971.jpg

先日、レーシックの手術を受けた。
子どものころから弱視で、
乱視もひどく、ソフトコンタクトでは矯正不可能だったため、
いつも、ハードコンタクトを使っていた。
しかし、これがインドでは悩みの種で、
特に、砂漠地方へ出かけると
ちょっと風が吹いただけで涙がボロボロ止まらなくなるのだ。
だから、インドではほとんど眼鏡で過ごしていた。

たまたま、親しい友だちが夏にレーシックを受けていて、
先日、会ったときに詳しく話を聞いてみると、
なんだかとても良さそうだ。
そんなわけで、早速診察の予約をし、
その翌日には手術を受けることにした。

しかし、これが想像以上に痛かった!
わたしの周りのレーシック経験者は
誰もこの痛みについて語っていなかったので
もしかしたらわたしに余計な不安を与えないよう
気を遣ってくれたのかもしれないけれど、
帰りは、ひとりで歩いて帰ってこられないほど辛かった。
…とはいえ、これはわたしの場合。
目の形や状況によって、痛みの度合いはまったく異なるので
これから受ける方、ご心配なさらぬよう。

さて、レーシックを受けた後の目の状態だが
これが、正直なところすこぶるいいとは言い難い。
ときどき、ぼんやりにじんだりして
調子が良く、くっきり見えると思うときでさえ
コンタクトをしていた時よりもわずかに劣る。
もちろん、それはわたしが
強めのコンタクトを使っていたからであって、
これでも、裸眼で1.0はあるのだから、
目のことを考えれば、これくらいの程度にとどめておいたほうが
きっと、いいのだろうと思っている。
なにより、強風に吹き付けられても涙が出ないのがありがたく、
眼鏡のように、
熱いコーヒーを飲んでもくもらないのがうれしい。

レーシックの手術を受けて、明日で1週間が経つ。
手術前には、目の前30cm先の文字も読めない、ぼんやりした世界を
なんとかとどめておきたいと頭をひねったが無理だった。
今では、「見えない世界」がどんなものだったか、
哀しくなるほど、きれいさっぱり忘れてしまった。

まだ、手術を受けて間もないからかもしれないけれど、
朝、起きて30分くらいは、視界がちょっとぼやけている。
これまでなら、起きて5分後には
机に向かっていることもあったのだけど
今は、そういうわけにもいかないので、
その時間をゆっくりとコーヒーを淹れ、
パンを焼く時間にあてることにした。
たぶん、こんな毎日がこれからずっと続くのだろう。
それも、なんだか悪くないような気がしている。

★追記
術後1週間後検診に行ってはかったら、両目で1.5だった。
ちょっとずつ、目が落ち着いてきたらしい。

HIGU BAGEL
by asian_hiro | 2010-11-01 22:36 | 日々のこと | Comments(4)
Commented by レオナルド at 2010-11-01 23:40 x
hiroさん、お久しぶりです。

レーシック、受けられたんですね!
私の場合はド近眼なんですが、前々から手術したいと思いつつ
いまだ実現しておりません。
私もずっとハードコンタクト使用者。
埃っぽい場所では非常に不便を感じてます。

熱い珈琲を飲んだり、ラーメン食べたり、冬場に暖房の効いた屋内に入った瞬間、
曇ってしまうメガネともオサラバですかー。
良いなあ~。
私も真剣に考えてみようっと。

急に寒くなってきましたので、お体ご自愛下さいね。
Commented by miwa-pain at 2010-11-02 13:01
やっぱりレアなんだよ、痛いのは(笑)
私の周りも9人中2人だけだったからね、激痛を味わったのは…
でも、翌朝はケロッとうそみたいにひいたでしょ?
あの目覚めたときの世界の変貌っぷりは、一生忘れられないなぁ!
Commented by asian_hiro at 2010-11-02 19:07
>レオナルドさん
レーシック、おすすめですよ!
受けるなら、少しでも早めがいいと思います。
(あ、レオナルドさんのお年はわかりませんが、
わたしは老眼の開始まで間がないため…笑)
めがねだと、暖かい部屋のなかに入ったときなど
急に曇ってしまいますよね。
そんなことがなくなって、とてもラクです!
Commented by asian_hiro at 2010-11-02 19:10
>miwa-painさん
うーん、やっぱりレアだったんだね、私たち。
でも、本当に痛くて痛くて仕方なくて、
レーザー当てるときも、無理矢理テープで引っ張っていたくらい。
世界の変貌っぷりも、わたしはあまり実感しなかったんだよなあ。
でも、手術を受けて1週間、
少しずつ視力が上がってきたような気がして、
ようやくレーシックの威力を実感しているよ。
<< チクテカフェのスコーン 観覧車 >>