アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
執着
無くしたくないものに限って
すんなりと、消えていく。
c0001023_20411042.jpg

今日、インドで買って来た指輪を無くしてしまった。
無くした場所はわかっているが、
急いでそこに戻っても、もう指輪は見当たらなかった。
考えてみれば、今朝、その指輪をはめようとしたとき、
ふと、今日はつけない方がいいかもしれないと思ったのだ。
たぶん、無くすかもしれないという予感があったのだろう。

大切なものに限って、いつの間にか見失い、
無くしたくないものに限って、手元から消えていく。
きっと、大切だとか無くしたくないとか思う一方で、
「これがいっそ無くなってしまえば
もう、余計なことに煩わされなくて済む」という気持ちも
多かれ少なかれ、あるのだろう。
だから、いざ無くなってしまうと
がっかりする自分とともに、やっぱりなという自分もいる。
守ることは難しくない。
だけど、守り続けることは大変な努力と覚悟と辛抱がいる。
c0001023_2041278.jpg

旅をするようになって、
なにがいちばん変わったかと言われれば、
たぶん、ひとにもものにもあまり執着しなくなったことだと思う。
じゃあその代わり、
わたしはなにに執着するようになったのかというと、
…さて、いったいなんなのか。
もしかしたら、
「執着しなくなった」というのは正確な表現ではなく、
むしろわたしは
執着さえできなくなってしまったのかもしれないが、
ひとつだけ言えることは、
ものに執着しないということと
自分ひとりの世界で生きるということは
決して、イコールではないということ。
それだけは、心のなかで
くり返し、つぶやいていく。

写真は、家の近所のパン屋さんで買ったクリームパン。
ぽってりしたクリームがたっぷり詰められ、
トングで持ち上げたときの、ずしりとした重みがいい。
by asian_hiro | 2010-10-02 21:36 | 日々のこと | Comments(4)
Commented by aamui at 2010-10-02 22:26
そうだよね クリームパンは重くなくちゃ!
Commented by asian_hiro at 2010-10-02 22:59
>aamuiさん
あんぱんもそうだけど、
クリームパンは、持ち上げたときにずっしりしていると
思わずにんまりしちゃいます、
Commented by ぽっきー at 2010-10-03 01:36 x
hiroさん こんにちは♪
シンプルなクリームパン!たべたいなぁ~

随分昔の話(一度目の結婚時)私も指輪・・しかも結婚指輪をなくしたことがあります。汗
(ダイヤのエンゲージリングを組み合わせてある当時は珍しかった指輪です)
さすがに重大すぎて当時の旦那にも誰にもいえませんでした。
そしてなくした2ヵ月後くらい後に
用事で行った広島の宝石店で偶然にも全く同じ指輪を見つけたのですが・・
随分迷いましたが、買いませんでした。

その時はまだ離婚するなんて考えてもみませんでしたが、
その数ヵ月後、別居し離婚しました。

「もう買わなくてもいいやん!」って思っていたわけではなくのですが
神様がそう教えてくれたのかなぁ~なんて。
現在、二度目の結婚いまとなっては都合のいいほうに考えてます。爆
Commented by asian_hiro at 2010-10-03 09:40
>ぽっきーさん
すごくいいお話をありがとうございました。
わたしも最近、「後になって考えてみたら…」ということが
あったばかりなので、とてもよくわかります。
そのときはまったく意識していなかったんだけど
後から考えてみたら、たしかに神様が教えてくれたのかも
しれないって思うようなできごと。
そういうことって、確かにあります。
すっとなにかが溶けるように、
ふと、合点のいく瞬間がありますね。
<< 京都タワー 下校途中 >>