アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
夜景
5月2日、東京タワー。
c0001023_2035813.jpg


(追記 5月10日深夜)
水泳について原稿を書く必要があったので、ここ数日、毎日1時間ほどプールで泳いだ。泳ぐのは嫌いではなく、過去にはひと夏、丸ごとプールで過ごしたような時もあったくらいだから、水泳についての原稿といわれても苦労なく書けそうだったのに、実はその媒体で水泳をテーマにした原稿を書くのは3回目だったので、ここらでひとつひとひねりしたものを、と欲張ったのが悪かったのかもしれない。何を書こうか悩んでいる間にゴールデンウィークが過ぎ、そろそろ本気で考えないとまずいという段になって、とりあえず実際にプールへ通ってみようかと思いついた。まずは形からと思い、水着と帽子とゴーグルを新調した。

泳ぐのは久しぶりだったこともあり、初日はもっぱら水中を歩くだけで1時間を過ごした。2日目から少しずつ泳ぎ始め、3日目には1キロ、平泳ぎとクロールで泳いだ。4日目にはもう少し距離を伸ばそうかと思ったのだけど、それ以上泳ぐと帰宅してからぐったりして何も手につかなくなりそうだったので、1キロで止めておいた。ある意味、スイミングハイみたいなものだったのかもしれない。もともと、瞬発力はないが持久力には自信があるので、いくらでも泳げそうな気がしたのだ。

走ったり、ヨガをしたりすることと泳ぐことは根本的に違う。足が地面についていないとか、意識して酸素を吸いこまなければならないとか、そんなことだけでなく、もっと根源的ななにかが違うのだ。人類のいのちは水から生まれたといえば大げさのように聞こえるが、結局はたぶんそんなところに行き着くのだと思う。すべての情報をシャットアウトして水中に潜るとき、水との一体感は社会との心地よい疎外感になる。

泳ぎながら考えた。書くことと、実際の行動はまったく別ものだということ。むしろ、書くことと実際の行動は、どんどん乖離していく傾向にあるということ。そして、書くことによって実際の行動が阻害されたり、制限されたりするときもあるということ。プールに通い始めて1週間後、つまり今日の夜、パソコンに向かって原稿を書いた。世の中のライターといわれる人たちはどうだかわからないけれど、私にとって原稿とは、心の一番表層の部分で糸を紡ぐようにして書く文章と、身体の奥深くの骨を削りながら書く文章の2つに分けられる。読むひとがどう感じるかは置いておき、大抵このどちらかに分類される。骨を削りながら書く文章。いつからだろうか、そんなふうに思うようになったのは。

水泳の文章は、無事、書き終えた。それでも、明日もプールへ行く。水に潜り、青い世界でひたすら泳げばやがて何かが変わるような気がするのだ。いや、変わるというより削ぎ落とすというべきか。頑なに守る必要のあるものは、たぶんそれほど多くないのだろう。

忌野清志郎の歌を聴きながら、深夜にこの「追記」を書く。
もう、この人が地球上のどこにも存在しないという事実はあまりにも大きい。だからこんなに重苦しく救いがないような文章になったのかというとそうではなく、私は今、音楽という存在にとても励まされている。
ひとまず、このへんで小休止だ。まずは、立ち位置を見つけて帰る。
by asian_hiro | 2010-05-03 20:33 | 日々のこと
<< チャンス 休暇 >>