アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
コーチンにて
たぶん、ある意味では原点。
c0001023_073631.jpg

この町にいると、なぜかたくさんの人に話しかけられる。
インド人だろうと、旅行者だろうと、
外見だけじゃ、何人だかわからない人だろうと、
何語を話しているんだかわからない人だろうと、
とにかく、あちこちで本当によく話しかけられる。
たぶん、この町とわたしの波長がぴたりと合うのだ。
通りを歩いているだけで
心に風船がつながれたみたいに気持ちよくなってくるし、
たとえなにもしていなくても
エネルギーが充電されていく感じがする。
だから、きっとインドのどの町にいるときよりも、
ちょっとだけ、わたしは良い顔をしているのだと思う。
それが「ホントのわたし」かは抜きにしても、
わたしをそんな「わたし」にしてくれるこの町が大好きだ。

そろそろ、帰ろっかな。
充電池がカラッポになる前に。

インド、コーチンにて。
by asian_hiro | 2010-03-25 00:18 | インド旅行記 | Comments(2)
Commented by mariko at 2010-03-25 00:39 x
初めてコメントさせていただきます。すごくよくわかります!!インドでも、波長の合う町とそうでない町ってあるんですよね。一人で旅をしていると、アップダウンもあって、「ダウン」のときはなんだか孤独の輪に入り込んでしまうようなこともありますけど…通りを歩いて誰かに話しかけられたり、誰かに笑顔をもらったり、名前を呼んでももらうだけで、いつの間にか、ニコニコ顔に戻ってることがよくありました。波長の合う町って大切ですね!!今、インドを離れて、エジプトのカイロにいます。ちょっと、ダウン気味かも…。
Commented by asian_hiro at 2010-03-26 01:47
>marikoさん
カイロ、懐かしいです。
ほんとうによく、エジプト人とけんかしていたなあ。
特に、南下すればするほど。とても懐かしい町です。
エジプトではいろいろ苦労したこともあったけれど
(痴漢に悩まされたり、砂漠で車がパンクしたり)、
でも、渦中にいるときは「ダウン」と思う町でも
後から振り返ってみれば実は「楽しかったな」と
思うことがありますよね。
そういう時差であらわれる楽しみも、旅の魅力だと思います。
楽しんで、良い旅を。
<< ベッカライ 徳多朗のバゲット 春 >>