アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
日々
部屋で過ごす毎日。
c0001023_2064940.jpg

ここ数日は、自宅で原稿を書く日々が続いていたので、仕事の合間の息抜きに、台所でスープを作ったり、コーヒーを淹れたり、カレーを作ったり、玄米を鍋で炊いたり、そんな生活を送っていた。
明日からは、また外へ出かける用事が目白押しだから、もう、こんなふうに「いたければ一日中、家にいてもいい」という日は10日ほど、おあずけになる。

旅が好きだし、ぶらぶらと街を歩くのも好きだし、山に登ったり海へ出かけたりするのも好きだけど、こうしてずっと部屋で過ごす時間はもっと好き。
最近は、朝、目を覚ましてカーテンを開けながら、ああ、今日もたっぷりと時間があるなあ、やらなくちゃいけないことや書かなくちゃいけない原稿もいっぱいあるけれど、それでもこの部屋でずっと過ごすことができるのはしあわせだなあと、しみじみ思った。
一人暮らしを始めるにあたって、部屋を作るのに考えたことは、好きなものしか置かないということ。家具でも、食器でも、どうでもいいものはなにひとつない。だから、この部屋にずっといたいと思うのだ。(たとえ、仕事でカンヅメになるのだとしても)
正直なところ、よく言えばシンプル、ありていに言えば殺風景な部屋なので、凝ったものはまったくない。ただ、花と音楽だけは切れ目無く部屋にある。いま、机の上にあるのはピンクのガーベラ。玄関に飾った桃の花といい、台所のチューリップといい、わたしはピンクの花が好きみたいだ。

写真は、インド・コーチンの町なかで撮ったもの。
なんていうことのない写真だけど、2階にずらりと並んだたくさんの窓を、毎朝、開ける係になりたいと思った。
by asian_hiro | 2010-02-15 20:28 | 日々のこと | Comments(8)
Commented by mamakarin at 2010-02-15 20:56
殺風景な部屋に花と音楽だけ。
好きなものしかない部屋。
こざっぱりして暖かで美味しそうな匂いがして...
とても素敵だなぁ! いろいろ想像をしてしまいました。

私もいろいろな花が好きだけど、ピンクの花はとりわけ好きです。
今月の花時間はチューリップとラナンキュラスの特集で
ガーベラもそうだけど、一輪ですらりとさまになる姿が可愛いです。
Commented by なつ季 at 2010-02-15 21:01 x
いまちょうど私の部屋にもピンクのガーベラがあります。

外は雪景色。
家の中に明るい色があって幸せを感じます。
なんかいいなぁって。
Commented by gon1442 at 2010-02-16 09:34
人はトランクひとつぶんの荷物で一生すごせるそうです。
うちの部屋はトランクひとつにははいりそうにありません。

でも・・・好きなものはあふれているので、
ついついこもりがちになります。
Commented by asian_hiro at 2010-02-16 22:12
>mamakarinさん
いまは、机の上に書類が散乱していますが
あしたは人が来るので片付けないと!
一輪でさまになる花、わたしも好きです。
春はガーベラやチューリップ、
夏はひまわりに、つい目がとまります。
Commented by asian_hiro at 2010-02-16 22:13
>なつ季さん
そちらは雪なんですね。
東京も、少しだけ散らついたみたいです。
ここ数日、とても寒い日が続いているのですが
これが終わったら、暖かくなるといいなあ!
花粉症は恐怖なのですが…。
Commented by asian_hiro at 2010-02-16 22:15
>gon1442さん
トランクひとつで一生過ごせるって、なんとなくわかります。
1年半、旅をしていたときは
バックパック1つで不自由がありませんでした。
でも、「部屋」を持つとどうしても荷物が増えますね。
箱が大きくなればなるほど、荷物が増えます。
余白のサイズは変わらないんですけどね。
Commented by じじ at 2010-02-17 14:20 x
ああ・・・!雑然とした自分の家を省みて頭を抱えたくなりました!
抱えてhiroさんちに逃げ込みたいと!
(それじゃ家はなんら片付かないのに)

週末こそ。今度の週末こそ。
嫌いなものがあってもいい。整理されてない領収書の散らばったのとか。
嫌いでもいいから、せめてしまおう。
ああ、確定申告が始まるというのに!
hiroさんちに逃げ込みたい!!
Commented by asian_hiro at 2010-02-17 21:15
>じじさん
ときどき、うちもいろいろなものが散らばっているので
シェルターになるかどうか微妙ですが、
ぜひ、遊びに来てくださいな。
確定申告、憂うつだよね…。
夜中にこびとが現れて、さささっと済ましてくれないかなと
切に願っています。
<< ZOPFのパテ・ド・カンパーニ... 想像 >>