アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ZOPFのヨーグルトライ
山と、朝焼けと、赤とんぼ。
c0001023_23204498.jpg

昔、インドへ行ったときに
あるお坊さんと出会ってさ。
そのひとのことは、ここに何度か書いているから
ああ、またかと思うかもしれないね。
でもいいや、書きたいから書くことにする。

そのひとと知り合ったのは、ダラムサラという北部の町。
そう、あのダライラマが亡命しているところね。
わたしは山の断崖に作られたゲストハウスに
2週間くらい滞在したんだけど
ある日、そのお坊さんもその宿にやってきた。
屋上でひなたぼっこをしているとき、
こんにちは、日本から来たんですかって
少しだけおしゃべりして
それから毎日、顔を合わせるたびに話をするようになったんだ。

そのお坊さんの日課というのがユニークで、
とにかく毎朝、屋上で
「ありがとう」を100回唱えることから始まるんだ。
ありがとう、ありがとうって大きな声が山々にこだまする。
それが終わったら、今度は「ゆうやーけこやけーの」って
そう、あの赤とんぼを歌うんだよ、何十回も。
おわれーてみたのーはー、いつのーひーかー。
わたしは屋上に続く階段の端に座り、
じっと、その歌を聞いていたんだ。
ゆうやーけこやけーのって始まると
いつも、心臓がぎゅっとしたな、
なにか、おっきなものにつかまれたみたいに。

お坊さんとはそれっきり。
一度も会っていないし、連絡先すらわからない。
でも、「ありがとう」と赤とんぼの歌は
ずっと、忘れないと思うんだよね。
きっと、お坊さんは今もどこかで繰り返しているんだろうな。
ああ、なんだかいま、無性にあの宿へ帰りたいよ。
山を見ながら、赤とんぼを歌いたい。
行っちゃうか、
来週、日本を飛び出したらその足で。

写真は、ZOPFのヨーグルトライ。
いつ食べても、ほれぼれするほどゆるぎない。
迷うこころを、原点に押し返す。
わたしにとって、いつでも「ゼロ」を示すパン。
by asian_hiro | 2009-12-16 23:40 | パンSPECIAL!! | Comments(2)
Commented by じじ at 2009-12-21 13:27 x
3本ほどまとめて読んで、ここにコメントすることにしました。

こないだはお電話ありがとうございました!(業務だけど)
驚いたし、うれしかったですよ~!
なんだろ、「あっいた!」って感じ。

一番暑いところに行くということは、ダラムサラーには行かないかな?
私も9年前(!)ダラムサラーの崖に立った宿で寝泊まりしたのです。
バルコニーがあって、2月のヒマラヤだかなんだかがとてもきれいだった。
とんびだかがクルーリと飛んでいてね。
そして心底、「ああ・・・・どこかに行きたいなあ」と思ったんですよ。

これだけ遠いところに来ておいて、何言ってるの!?と即座に突っ込み。
でも本心でしたよ。
なんでそんな風に思ったかよくわかりません。
飛んでいっちゃいそうな気分だけ覚えてます。

hiroさん、飛んでっちゃって~!!
ただし無事帰ってきて~!!
素晴らしい旅路であることをお祈りしてます。
Commented by asian_hiro at 2009-12-22 08:14
>じじさん
こちらこそ、電話で話せてよかったです!
近々、きっとお会いすることもあるでしょう。
わたしがダラムサラへ初めて行ったのは6年前でしたが
もしかして、じじさんが泊まったというゲストハウスと
同じかな?
わたしが泊まったのは、たしか「チベタンアショカ」という
宿でした。
毎朝、宿の主人がお祈りの儀式をしていたのが印象的です。
帰国したら、今度こそ遊びに行きたい!今度こそ、ホントにね。
また連絡します。
<< 'OLU'OL... ameen's ove... >>