アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
備忘録
ただ、ひたすら。
c0001023_22352993.jpg

このところ、部屋でかける音楽はピアノ曲が多く、そのなかでも気に入った2曲を選び、延々と繰り返し聴いている。
この連休は、そんなふうに音楽を聴きながら、ずっと部屋のなかで仕事をしていた。
窓から見えるのは秋晴れの青空で、ときどきパンとか、野菜とか、牛乳とか買いに外へ出ると、ああ、世間はこんなにも気持ちのいい季節なのかと、改めて実感した。
自分と世界の間に、壁一枚はさんだように現実感がない。
「このところ、現実感がない」。
先日、あるひとにそう話した瞬間、また一歩、現実が遠のいたような気がした。
しかし、そもそも「現実感」とはなんなのか。
パンとか、野菜とか、牛乳とか、買って来たものを冷蔵庫や棚にしまったりするのは、「現実」ではないのだろうか。

後悔するということは、結局、自分の取るべきだった行動や選ぶべきだった道にようやく気がついたということと同義なのだとしたら、もしかしたら、それは喜ぶべきことなのかもしれない。
進歩と進化。
ものごとが変化するときには、善かれ悪しかれ、かならず反動が起こるものだ。
だとしたら、後悔のまっただなかにいる間は、きっと、現実と過去のあいだの中途半端な隙間を右往左往している状態なのだろう。
そう考えると、いまの自分に納得がいく。
現実感がないのも、もっともだ。

ふと、そんなことを思った三連休最後の夜。
ピアノ曲がもうすぐ終わる。
どうして、いまさらそんなことをここに載せる必要があるのかなど、考えもせずに書くことにする。
ただひたすら、自分のために。
by asian_hiro | 2009-10-12 22:37 | 日々のこと | Comments(4)
Commented at 2009-10-13 22:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2009-10-14 09:32
>鍵コメントさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
たしかに、そのとおりですね。
負けているのかもしれません。
でも、勝とうともしていないような気がします。
Commented by ナギ at 2009-10-15 16:42 x
現実感はわかりませんが終わる3行目の気持ちはわかります。
わかりきったことを誰かに聞かせるんではなくて自分に言い聞かせるために。
そしてそれはすでに過去の話となってるんでしょうね。
Commented by asian_hiro at 2009-10-15 22:04
>ナギ さん
そうですね、たえずすべてが過去になっていきますね。
そう考えると、「現在」とはほんの一点に過ぎず
世界は「過去」と「未来」でできているんだと
思わされます。
<< 秋の味 人生のあらゆることを >>