アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
うめ麦茶
日曜夜に、とりとめもなく。
c0001023_192476.jpg

「なんだ、今日はやけに張り切ってるじゃないか」
「あ、はい、いつもお世話になっております」
「それじゃ、1枚足りないだろ」
「ええ。そのあたりはリンキオウヘンに」
「380円になります。袋に入れますか」
「乗車口から離れてお待ちください」
テレビのチャンネルをがちゃがちゃと回したように、
世界は、あらゆる会話の断片でできている。
わたしのストーリーも、
街のあちこちで断片を切り離しながら進んでいく。
物語のあらすじを丸ごと知っているのは、わたしだけだ。

話を聞くのと話をするのと、どちらが得意かと言われれば
断然、話を聞くほうで、それはたぶん昔から変わらない。
それでも、とりとめもなく話したいときがある。
たとえば、今日みたいな日曜の夜。
「じゃあ、だれがお母さんを」
そんな感じのセリフが柴門ふみの漫画にあった。
お母さんを、なんだっけ、抱っこするだっけ、褒めるだっけ、
セリフの続きは忘れてしまい、漫画を実家に置いてきてしまったから
確かめることもできないけれど、
いまは、なんだかそんな気分。
「じゃあ、だれがわたしを。もしくは、あなたを」

金曜日はものすごく乱れた食事をしてしまったので、
このごろの不摂生を反省し、
昨日の土曜日は丸一日飲まず食わずで過ごしてみた。
ついでに、仕事も荒波のようにやってきたから、
結局、家から一歩も出ずに
原稿を書いては休み、原稿を書いては休みで、
あっという間に一日が終わった。

今日は、昼間に少し時間ができたのでヨガへ出かけた。
結構激しいタイプのヨガで、久しぶりに身体を動かしたから
うわあ、なんだかキツいなあと思っていたら、
75分の山場と思われるところで、皆でポーズを取っているとき
先生がわたしの身体を使って説明を始めた。
こまった、これじゃ足をおろすことができないと思いつつ
片足で踏ん張り、腰を伸ばし、腕を上げる。
静止しようと思うと、身体がぶれてしまうけれど、
左と右、上と下、同じちからで引っ張り合えば
その真ん中で、止まるのだ。
均衡。
バランス。
それは、静止から生まれるのではなく、
たえず、動こうとするちからのなかから現れる。


明日から、またあたらしい一週間がはじまる。
昨日、電話をくれた友人によると、
「人生は、『別名保存』ではなく
『上書き保存』で進んでいく」のだそうだ。
なるほど、だとしたらわたしのこんな週末も、
きらきら輝く夏の太陽に、上書きされればいいと思う。
そして、意図せずともあちこちで散らかしてきた断片も、
なにか、それに変わるすてきなものに
上書きされれば、いいと思う。

写真は、ルピシアで買ったうめ麦茶。
ほんのりと、うめが香る。
by asian_hiro | 2009-08-16 20:07 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by じじ at 2009-08-17 00:03 x
相変わらずお忙しくお仕事してるんですね!
勇ましや。

hiroさんのいろんな話を、たっぷりゆっくり聞ける日が
2,3年のうちにはくるといいなあ~。
あっという間に過ぎちゃうんですもんねえ。
でも、その日を楽しみにしてるんです。

昨日、上田のルヴァンに行ってきましたよ。
今日アトリエ・ド・フロマージュのチーズと一緒に食べました。
ライターのくせにどうかと思う感想を言わせていただくと・・・・
パラダイス・・・!!!!

ルヴァン、教えていただいてありがとうございました。
帰省のたびに行くつもりです。

Commented by asian_hiro at 2009-08-17 21:06
>じじさん
勇ましいなど、とんでもない。
ワイン飲みつつ、パンを食べつつ、
おんな?って格好で仕事をしています…あ、だから
勇ましいのか。

ルヴァン、行ったのね。
わたしは上田のお店に行ったことはないんだけど、
富ヶ谷のお店とは雰囲気が同じなのかな。
アトリエ・ド・フロマージュのチーズと一緒に食べたら
それは「パラダイス」の一言しかないでしょう。

今度、ぜひお邪魔します。
今度こそ、ホントに。
<< ameen's ove... ameen's ove... >>