アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
夜の徒然
そのパズルは永遠か、そのソフトクリームはやがて溶けるか、
その痛みはいつまでも続くのか。
c0001023_208313.jpg

数日来、読み続けている小説に、過去の痛かった記憶を思い出してみるという一節があった。小説には、「自分の中に痛みに関する記憶が殆ど残っていないことに気づいた」とあり、ああ、そういえばそういうもんかなと、わたしも自分自身で振り返ってみようと思ったけれど、やっぱりどうにもピンとこない。ドアの隙間に指を挟んだとか、足の小指の爪がはがれたとか、ああ、こんなところに書いてしまって、読んだ方、痛さを想像してしまうよね、ごめんなさい、でも、その程度しか思い浮かばないのだ。痛いという経験をしたことだけは覚えている、だけど、その痛みも状況も、なんとなくしか思い出せない。小説では、「時間が経つといろんなものが本当にあっさりと消えてしまうのだ」と、続いていた。忘れたわけではない、それが確かに存在したという輪郭だけを残して、すっぽりと消えるのだ。

今日の昼間、ビッグサイトで開かれているブックフェアへ出かけ、無性に人疲れした。人ごみを避けながら歩くのは結構得意なほうで、それはきっとインドや東南アジアの市場でもみくちゃにされることに慣れているからだと思うんだけど、とにかく、そんなふうに「人ごみ慣れ」しているわたしが、今日はなんだか疲れてしまった。エネルギーのタイマーが点滅すらできなくなる頃、会場を後にし、駅に向かって歩く途中のベローチェでひとやすみする。今日は久しぶりに「プリモカフェ」、アイスコーヒーにたっぷりのバニラアイスが絞られているものを頼む。女性の店員さんはあたふたと客の注文をこなしていて、それはたしかにとても手際のいい対応に違いないんだけど、なんだか急がなければならないという自分の置かれた立場に対していたずらに焦りを感じているようで、案の定、わたしのプリモカフェはソフトクリームがアイスコーヒーのなかで沈没し、ちょうど難破船のようになった。

最近は毎晩、SUDOKUを解くのに夢中だ。SUDOKUとは数字を使ったパズルみたいなもので、インドでパズル集を2冊買って来たのだ。SUDOKUを初めて解いたのはアメリカにいたころだ。向こうでもSUDOKUは人気があり、いつも駅で配られている無料の新聞に載っていたので、お風呂に入るときは新聞の切り抜きとえんぴつを用意し、紙が濡れないように微妙な角度でひじを曲げながらパズルを解いた。SUDOKUは頭の体操というよりも精神集中に効くゲームだと思う。ちょっと気を許すとたちまちすべてが破滅する。ここ1ヶ月ほど、毎日寝る前に2つか3つ、パズルを解くのが日課になっているんだけど、easyから始まってmedium、hard、difficultとだんだんレベルがアップするうち、最近はもうdifficultしか残っていないからか、全部がきれいに解けることは滅多に無くなってしまった。ああ、しかたない、悔しいからもう1個解きたいところだけどまた明日。ここ最近は、そんなふうにして眠っている。

そして、今日もSUDOKUを解いてから眠ろうと思う。
そうそう。久しぶりにメールをやりとりした友人がいつの間にか母親になっていたという事実には、ここにおめでとうと書き残したい。
出産、おめでとう。
ほんとうに、おめでとう。
by asian_hiro | 2009-07-11 21:38 | 日々のこと | Comments(0)
<< Sound Bum アンゼリカのスコーン >>