アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
マニキュア
ずいぶん昔から、口紅は花王のオーブと決めている。
使い始めたきっかけは忘れてしまったけれど、
単純に、「きれいな色だね」とか「似合うね」とか、
そんなことばを言われたからだろうと思う。
口紅だけじゃなく、マニキュアも必ずオーブだった。
シンナーのにおいが少なく、
ウォーターベースでさらりと塗りやすかったから
不器用なわたしでも、これならなんとかきれいに塗れたのだ。
もともと無精者のせいか、滅多につけることはなかったけれど、
最近、ふと思い立ってマニキュアを塗ろうと思い、
オーブの小瓶を取り出したところ
だいぶ残りがさみしくなっている。
そういえば、随分久しくマニキュアを買っていないなと、
いくつか化粧品売り場のコーナーを探してみたが、
オーブのマニキュアが見つからない。
店先でもらったオーブの製品パンフレットにも載っていない。
あれ、おかしいなと思い、調べてみたら
すでに、製造が中止されていることがわかった。
まだ在庫を並べている店もあるが、それが無くなったら
本当に、店頭から消えるのだろう。
どこをどう探しても、もう見つけることはできなくなる。

しかたない、
新しい製品が出れば、古いものが消えるというのは
消費ルールの原則だと頭で理解することはできても、
今まで存在していたものが、完全にこの世から消えるということは
なんて、残酷なことだと思う。
こころの準備もないまま、いつの間にか完璧に消えていたなんて、
それは一種の暴力だ。
オーブを愛好するわたしに対して、唐突にふるわれた暴力だと思う。
たとえ、マニキュア1本の話だとしてもそんなふうに思うのだから、
ひとが死ぬということは、なんて荒々しく、逆らい難い力なのか。
c0001023_198454.jpg

ひとは、自らの死に際して他者に暴力をふるって旅立ち、
ひとは、その暴力を甘んじて受け、痛みとともに生きるのだ。
しかし、痛みは時とともに形をかえ、
やがては静まり、ひとを支える像となる。
それを言葉に表すとしたら、愛の一語に尽きると思う。


プロレスラー、三沢光晴さんの急死を知って。
わたしが生まれて初めて観に行った試合で、
彼はリングに立っていました。
by asian_hiro | 2009-06-14 20:36 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by mamakarin at 2009-06-15 15:36
こんにちは。
私も働いていた頃オーブ、密かに好きでした。
でももうマニキュアないなんて...ショック!

口紅はOLしてた頃なのでもう10年位前になるかも...
いろいろなブランド(特に国産)を試した中で
オーブは控えめに可愛らしく、しかも使いやすくて。
ウォーターベースのマニキュアも塗りやすくナチュラルで
本当に唯一といっていくらい当時気に入っていたものです。
普段マニキュアを使わなくなって母にあげてしまいましたが
もう店頭にないなんてほんとに残念です。

仕事をやめて口紅を使わなくなり
化粧品のブランドにとてもうとくなりました。
ちなみにここ数年はアヴェダのグロス1本で十分です。
どんなお店もいつまでも店頭から消えないものを
作り続けてほしいなと思います。
Commented by asian_hiro at 2009-06-15 19:56
>mamakarinさん
オーブファン、ここにもいましたね!
口紅もマニキュアも、使いやすくて便利でしたよね。
口紅は今でも買えますが、なんだか他のメーカーに押され気味
みたいで、もっともっと頑張って欲しいなあと思います。
「いいもの=残るもの」というわけではないということ、
なんとなくさみしいですよね。

アヴェダの製品はニューヨークにいたときに
使っていました。
でも、グロスは未体験です。今度、買ってみようと思います。
<< hohoemiのベーグル 音楽 >>