アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ameen's ovenのペカンナッツとペッパーベリー
まるで、水面から薄日が差し込む海中のような。
c0001023_2245688.jpg

夕方、渋谷駅前の交差点をビルの上から見下ろすと、
灰色に濡れる歩道を、ビニールの傘が埋め尽くしていた。
右に左に、ゆらゆらと揺れながら進む透明な傘の大群は、
まるで、海にぷかぷか浮かぶクラゲのようだと思った。

帰宅し、買ったばかりのハードディスクにパソコンのデータを移す。
いまだ、ニューヨークで撮り溜めた写真がパソコン内に入っていて、
それらをひとまとめにして新しいフォルダへコピーしながら、
自分が去年の今頃は、まだニューヨークにいたのだということが
どうにも不思議で仕方なかった。

さっき、雨のなかで揺れていたクラゲの大群は、
今頃、どこにいるのだろう。
あたたかい部屋のなかで、テレビでも見ているだろうか。
それとも、まだ冷たい夜道を歩いているか。
わたしが持っていた傘は、あいにくクラゲではなかったが、
心だけはクラゲのように、さっきも今も、
ぷかぷかとあちこちの時空をさまよっている。

ameen's ovenのペカンナッツとペッパーベリー。
仄かな、だけど華やかなスパイスのおかげで、
どこまでも薄く溶けてしまいそうな心が、ぴしりとここに帰って来た。
by asian_hiro | 2009-05-28 21:32 | パンSPECIAL!! | Comments(2)
Commented by hearty at 2009-05-29 11:46 x
hiroさんの紡ぐ言葉って本当にステキ。
傘がクラゲだなんてユニークです。
*さされたらイタイかな。

ニューヨークー東京ーインド
hiroさんの日記を通して世界の音が聞こえてきそうです。

思い出って不思議です。
目を閉じると昨日のことのように思い出す世界の街角と、そこにたたずむ私。
なんだちょっと前のことじゃん、、、なんて思って鏡を見ると、そこに映る自分はまちがいなく今の自分、年とったなあなんて思うのもいいかな。
Commented by asian_hiro at 2009-05-29 20:59
>heartyさん
いつから世の中にはビニール傘が増えたんでしょうね。
わたしも今までに少なくとも10本は買っていますが、
手もとに残っているものは1本もありません。

「年とったなあ」と思うことが「いいかな」と言える
heartyさん、素敵ですね。
わたしはこれだけいろいろなところへ出かけ、
たくさんの経験をしてきたつもりでも、
その経験は手放したくない一方、年を取るのは嫌だなと
思ってしまう、贅沢ものです(笑)
<< ねじ巻き モスク >>