アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
kibiyaのクロワッサン
店の前のベンチに座り、クロワッサンを半分ずつ食べた。
c0001023_14493028.jpg

メールで文章をやり取りするのは、ほんとうにむずかしい。
「かなしい」という文字を見て想像するのは、わたしのかなしさ。
「会いたい」という文字を見て想像するのは、わたしの希望。
声で気持ちを伝えるのなら、こんな矛盾は生まれないのに
文字で思いを伝えることは、奇跡のようにむずかしい。
c0001023_1938013.jpg

身のまわりの事柄から、リアルな感覚が消えてしまったのは
いったい、いつのことだったんだろう。
なにかを伝えたいと思ったら、会って話すのがいちばんだった。
声や、表情や、間合いや、呼吸で
こころの微妙な揺らぎを、もっと上手に理解し合えたような気がする。
液晶画面に写し出される文字の羅列は
時折、荒波が水槽の縁からあふれ出すような激しさで
その一瞬の感情を伝えようとするけれど、
たとえば、ラジオで語られるドラマを聞いて
想像する物語の舞台がひとそれぞれであるように、
メールから読み取れるストーリーが
現実とどんぴしゃで重なることはほとんどない。
だけど、だからといって、
現実と自分の想像が違うことにガッカリするのではなく、
むしろ、そのギャップを楽しむことに目を向けたい、と
いつも、思ってはいるのだけど。
c0001023_14555289.jpg

雨雲と晴れ間が微妙なバランスで広がる、鎌倉の土曜午後。
重い扉を開けて薄暗い店内に入り、
トングを手に取って、ひとつずつパンをトレイに載せていく。
左の手首にかかるトレイの重み、
奥のキッチンから流れるこうばしい匂い、
一度にいろいろな感覚が全身を包み込む。
ほんの数時間前までは、
メールでしかやり取りできなかった遠くに住む友だちと、
こうして一緒にパンを選んでいる。
この数ヶ月間、メールという形で受け取った言葉は
彼女にとってたった数パーセントの現実でしかなく、
それさえも、わたしの想像にすぎないということが
なんだかとても頼りなく、もどかしい思いに駆られるけれど、
いま、パン屋さんのなかにふたりでいるこの瞬間だけが、
わたしたちにとって、ただひとつのリアリティ。
by asian_hiro | 2008-11-16 19:38 | パンSPECIAL!! | Comments(6)
Commented by pink at 2008-11-17 07:24 x
おはようございます。
その方は、以前hiroさんが地下鉄で想いを馳せていた彼女なのでしょうか。。

そうですよね。
いくら分かっているつもりでも、「わたし」が分かっているつもりでいるだけかもしれない。
ふたりでいることでそこに生まれる空気がなければ、ふたりの記憶は同じでないんですよね。
幾度となく味わいました。

自分がドンピシャの言葉を選んだつもりでも、相手はそれ自体理解できなかったり。
相手はそれほどに言葉を選んでいなかったり。

私も遠い地に大切なひとがいます。
もうすぐ逢えるんです。
ふたりのリアルを目一杯吸い込んできますね。

いつもありがとう。

Commented by hearty at 2008-11-17 08:52 x
hiroさま
そのなんとも頼りなく、もどかしい文字の羅列に、胸躍らせ一喜一憂する人々。
傷つけないように、思いが伝わるように精一杯神経を使って書き連ねられた言葉。

待ち合わせをして顔を見る寸前までメールをしているのに、顔をみた瞬間から話はとまらない、そして別れた瞬間お別れの挨拶がやってくる。

いつから人はそんなにデリケートになったのでしょう。

ただ、何年も会ってない家族や、遠くに住む友人との距離を縮めてくれたのも、そんな液晶の文字たちでもあるので、感謝しつつ。

ところでなんともかわいいパン屋さんですね。
猫が良い味だしてます☆たまりません。

「パンが好きな猫」

そんな物語を創造?想像してしまいました。
Commented by 馬具と乗馬のARC at 2008-11-17 21:08 x
はじめまして。

メールって便利だけど、難しいですよね。

コミュニケーションって一言で言うけど、この便利なメールの登場は
現代人のコミュニケーションを大きく変えてしまいましたよね。

いまどきの学生は告白とか別れるとかメールでやっちゃうらしいですからね。
おばさんにはついていけません。
そんな大事な事を相手の目も見ずに言うなんて・・・。
Commented by asian_hiro at 2008-11-17 22:01
>pinkさん
びっくりしました。よく覚えていてくださいましたね。
そうです、地下鉄のなかで思っていた彼女です。
覚えていてくださって、ありがとうございました。

「もうすぐ会えるんです」という言葉に
わたしまでドキドキしました。
その時を待つまでの時間も、また楽しみのひとつですね。
ぜひ、素敵な時間をお過ごしください!
Commented by asian_hiro at 2008-11-17 22:03
>heartyさん
100%伝えることはむずかしいからこそ、
一生懸命、言葉を選んで伝えようとするんですよね。
そういうデリケートな部分は、とても大切にしないと
いけないなと思います。
メールでも手紙でも、心無ない言葉はすぐ読み手に
伝わってしまいますものね。
「パンが好きな猫」、そのテーマだけで
童話がひとつ、書けそうです。
Commented by asian_hiro at 2008-11-17 22:05
>馬具と乗馬のARCさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
告白や別れをメールでしてしまうということが
直接、会って話すよりも多くなっているのだと
なにかのアンケート結果で読みました。
メールは一瞬でどこへでも飛んで行って
ひとを励ましたり、力を与えたりすることができる一方で、
ときどき、とても残酷な一面を持つことがありますね。
<< ameen's ove... マフィン >>