アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
コーヒー
ある日、ベローチェにて。
c0001023_6433279.jpg

禁煙席が空いていなかったので、仕方なく奥の喫煙席に座ったら、
右隣の席の女の人は、
2つ入りのサンドイッチを2袋と、フォカッチャのサンドと
りんごのシブーストと、アイスコーヒーをテーブルに並べ、
マンガを読みながら食べていた。
その向こうの席に座った男のひとは、
テーブルにコーヒーと、ピンクの携帯電話を置いていた。
あれ、どこかで見覚えがあるなあと思っていたら、
それは、わたしがニューヨークで使っていたものと
そっくり同じ機種だった。
携帯を手に持ったり、置いたりしながらせかせかとタバコを吸う。
ふと、左隣の席を見ると、
そこには目がきょろっと大きくて、かわいい女の子が座っていた。
コーヒーカップを机の奥へ追いやって、
空いたスペースに大きく広げた新聞は、
漢字がいっぱい並んだ中国語のもの。
どこかの古びた街並の写真がちらりと目に入り、
その瞬間、もうずっとずっと中国に行きっぱなしのひとのことを
思い出した。

ひとは、いろいろな思いを抱えてコーヒーを飲む。
そしてわたしも、いろいろな記憶の断片を混ぜながら
コーヒーをゆっくりと飲む。
by asian_hiro | 2008-11-05 06:54 | 日々のこと | Comments(8)
Commented by gon1442 at 2008-11-05 10:34
なにげないきっかけで
外国にいった友人のことをよく思い出します。


中国にも大事な先輩がいってもう数年。

ずいぶん連絡もとらず
また、連絡先も変わってしまったいま・・・

今、ふと会いたいなあああと思いだしました。

そういうときって、相手も思い出してくれていると聞きます。
会えずとも心で会話してみましょうかね。(^^)P
Commented by bebe at 2008-11-05 11:51 x
ええ、わたしも、コーヒーを飲むときに、あえなくなった、なつかしい、たいせつなひとのことをよく思いだします。hiroさん・gonさんのおはなしで、わたしも上海のおともだちのことを、おもいだしています^^コーヒーを飲む時間は、すこしだけ、遠くに行ける時間でもあるんですね。
Commented by レーシック 失敗   at 2008-11-05 15:45 x
私にとってコーヒーの香りは冬の朝のヨーロッパを思い出させてくれます。ちょっとせつなくなる瞬間でもあります。
Commented by いとへん at 2008-11-06 08:24 x
こんにちはー。私にとってカフェは最高の人間ウォッチングの場所で、ひとりでも友達とでも過ごすのが大好きです。なんとなく偶然にとなりになった人々。袖触れ合うも、とはよく言うものの、いったい前世でこの人たちとはどんな縁があったのかしらとか。。そんないつも深くは思ったりもしませんが(笑)、とにかくたった1時間かそこら聞き耳をたてたり(?)して、人の人生を垣間見るような時間が愛してやみません(^-^)
Commented by asian_hiro at 2008-11-08 09:19
>gon1442さん
この文章を書いた日の午後、本当に偶然で
うれしいことがあったのです。
なにかを予知してこの文章を書いたような。
人生にはときどきそういうプレゼントがありますよね。
Commented by asian_hiro at 2008-11-08 09:20
>bebeさん
出かける直前であまり時間に余裕がないといういまも
コーヒーを飲みながら、この文章を書いています。
そして、gonさんやbebeさんのコメントを読みながら
こころは少し遠くへ行ったり。
さて、コーヒーを飲んだら出かける準備をします!
Commented by asian_hiro at 2008-11-08 09:21
>レーシック失敗さん
ヨーロッパにはコーヒーが似合いますね。
それも夜ではなく、朝。
なんとなく、せつないという気持ちもわかるような気がします。
Commented by asian_hiro at 2008-11-08 09:22
>いとへんさん
わたしも人間ウォッチングが好きです。
でもきっと、わたしもウォッチングされているんだろうなと
思うと、なんとなく緊張(?)しますが。
<< 豆乳かん ビーフシチュー >>